理化学機器・医療機器・分析機器の下取り・買取・売り払い・販売システム


株式会社山Pは東京を始めとする、関東圏の大学や大学の附属病院、研究施設を中心に現在、ご使用して無い、不要となった「理化学機器」「医療機器」「分析機器」等の下取り・買取・売り払い・販売を行います。

・研究室(教室)の研究者(先生)の異動
・研究テーマの変更
・建物、施設の建て替え、新設の施設へのお引越し
・研究室(教室)の模様替え
・大型機器の導入によるスペースの確保
・新型の機器の導入に伴い、旧式の機器が不必要になる機器の不調や経年劣化もしくは減価償却修理用による廃棄
特に大学、研究施設などでは上記のケースが多いと思われます。 そんな時には是非是非、「理化学何でも相談役」にWEB、電話、FAX等でお声掛け下さい。 直接お伺いして、機器の型式、年式、動作確認などの現状を確認すると同時に 買取方法、引き取り方法などご相談致します。

又、公的な研究費によって購入した機器に対しては、 面倒な「廃棄」や「払い下げ」手続きを、 直接、担当の用度係の方や施設の方とさせて頂きます。 研究室(教室)の研究者(先生)もしくは、秘書様達にはご面倒はお掛けいたしません。 「何を買い取って欲しいのか」だけをお決め下さい。 本来なら、廃棄する前に査定した方が機器の状態を確認しやすいのですが、 事前査定無しの状態で、施設や研究室でまとめて機器を廃棄する際もお声掛け下さい。 廃棄の集積所まで行きます。

一方
・自己資金をなるべく抑えて設備を揃えたい
・研究費・予算が足りない
・新たな研究、実験の為、直ぐに新しい機器が欲しい
・使用頻度の少ない実験の為、新品の機器を購入しても直ぐに使わなくなる>
こちらは、大学、研究施設だけでは無く、ベンチャー企業、クリニック(特に不妊治療や美容整形など)、工場、検査施設などどこでもありがちなケースです。そんな時にも是非是非、「理化学何でも相談役」にWEB、電話、FAX等でお声掛け下さい。 必要な機器を低価格で揃えて頂けます。 弊社は新品の機器も販売しています。 もし、お手持ちの機器の中で、不必要な機器が有りましたら(購入する機器と無関係でも構いません。) 新品の購入時に下取りさせて頂き査定額を新品の購入費より差し引かせて頂きます。 必要な機器が「中古品」でも良ければ、弊社の在庫から選んで頂けます。 弊社の在庫に無ければ、直接研究室を廻っている山Pが、ご希望の機器を探してきます。 研究室と研究室をマッチング致します。


「何が欲しいのか」だけをお決め下さい。
今まで多くの機器が廃棄されたり、研究室の片隅で使わないで置いてあるのを 見てきました。 一方では、あるテーマを研究したいのに、使用できる機器が無く、 やむを得ず別の方法で研究するならまだしも、やめてしまう研究が有った事も 良く知っている山Pだからこそ、多くの研究者の方に利用してほしいシステムが 「BIoff」です。 前使用者の方のその機器に対する思いを是非、引き継いで下さい。 「理化学何でも相談役」がお手伝いいたします。


株式会社山P「理化学何でも相談役」の山本 実です。 山Pの「山」は私山本 実の「山」 山Pの「P」は(壮大な計画を・・・)という事で「Project」や「Promotion」 「Possibility」(可能性を・・)「Perfect」(完璧を・・)「Performance」(実績・性能) 「Protocol」(研究の計画)などのアグレッシブでポジティブな単語の頭文字の「P」です。 因みに弊社の企業カラーは「Pink」で企業イメージは「Pablo Picasso」(ピカソ)であり、 企業キャラクターは「Pig」「Penguin」「Panda」「Panther」です。

断っておきますが、山Pはジヤニーズの山下智久さんとは一切関係ございません。

弊社は、2011年(平成23年)2月に設立されたばかりの会社です。 「理化学何でも相談役」の私は大学及び、大学の医学部附属病院を中心に20年以上理化学関連の製品を扱ってきました。 研究室の立ち上げの際は設計の段階から参加して、先生、研究院の方達との打ち合わせ スケージューリング、各施設や関係部署との調整を経て、設備、機器、機械、消耗品等の選定 手配、設置、搬入納品、アフターケアなどの一連の流れに身を置きます。 同時に、日常業務として、お客様のご要望にお応えする為、日々の訪問も欠かしません。

私が、御付き合いさせて頂いた、研究者の方々は、皆、研究の成果を出しその成果を認められています。しかし、その反面、日々の苦労・苦悩・葛藤を目の前で見てきました。 「こんな自分でも、御役に立ちたい。」と思わずには要られませんでした。 今でも、それは変わりません。予算等にお困りでしたら、持てる予算内での最高のコストパフォーマンスを得る事の出来る、機器や消耗品等の選定も致します。

機器選定でお困りでしたら、希望に叶う機器を探し。 メーカーを含め、関連会社の営業、技術サポートの方々の紹介、橋渡しも致します。 当然、デモンストレーションにも立ち会い実際の使用感など確かめて、研究者の方と情報を共有してきました。 「製品を開発したいが、方法が解らない。」 「製品に関するデーターを取ってほしい。」等々の民間の企業から要望と それに適応する研究室への共同研究のマッチングなども致します。 とにかく、研究等でお困りの際は、「理化学何でも相談役」にご相談下さい。
BIOff -理化学機器・医療機器・分析機器の下取り・買取・売り払い・販売システム-